猫好きが見る注文の多い料理店

後記

注文の多い料理店の絵本を描くにあたってテーマにしていたのは、

物語を自分なりに解釈していくこと、絵本の描き方を学習すること、

パソコンやソフトの使い方に慣れることなどで、

出来たものは子供向けの絵本というより、

宮沢賢治マニア向けの絵解き本のようになったと思います。

 

絵にしていく過程で、何度も細かい描写を読みかえし、関連することを調べながら、気がついた面白いことがたくさんあります。

自分と同じように解釈や考察、図像学や象徴の扱いに興味がある方の一助になればと思い、書き留めておきます。

 

表紙とオマケには山猫の親方を描きましたが、本文中には親方の姿の描写はありません。

扉の向こうの闇の中にいて、喋るのは子分だけ。存在を示唆されるけれど姿は見えない。

本当に恐ろしいもの、というのはいつでもそういうものだと思います。

正体がみえたなら、認識できたなら、対策を考えはじめるのが人間というもの。本当に恐ろしいものは、それができないもの。

見たくないもの、目を逸らしているもの、知ると不都合なもの。

心の奥にある、制御の及ばないもの。

山猫の親方が象徴するのはそういうものだと思います。

 

「イギリス兵隊のかたち」というのは調べてみると、

黒い帽子に赤い上着、白いズボンにブーツ、それに長銃というもので、

これは紳士たちが西洋かぶれ、虎の威を借りる狐のように、舶来ものの威光をそっくり真似して得意気にしているということですが、

この配色はイギリスの伝統的な狐狩りの装束ともほぼ一致します。

帽子の形だけ違うけれど、後はよく似ている。

なめとこ山の熊の小十郎のような、山と共に生き獲物を敬う、生業や生き方としての猟師ではなく、獲物をトロフィーにして競う上流階級の趣味の狩り、スポーツハンティングの恰好でもある。

陶磁器社ウェッジウッドのハンティングシーンなど、図柄としても古く馴染みのあるもので、あるいは宮沢賢治がそのティーカップなどを目にしていた可能性もあるかと思います。

少女が描いたイラストがもとになっていて、狐、猟犬、馬に乗ったハンターが連なって駆けていく、童話的なかわいらしい絵です。

紳士たちは山へ狩りに出掛けているのだから、兵隊よりは狐狩りの恰好をしているほうが絵的には違和感がないと思ってそのようにしています。

宮沢賢治は、イギリスの狐狩りと兵隊の装束の類似を知っていて、それでもあえて兵隊と書いたのでしょう。文章だけで表現するとき、イギリスの狐狩りの衣装で日本の山に狩りに行ったと書くと、ちょっと嫌味っぽい。兵隊の恰好で山へ狩りに行くと書くほうが、ちぐはぐで紳士たちの滑稽さの表現になる気がします。

 

「硝子戸の裏側」山猫軒の一枚目の扉ですが、

山猫軒の扉や文字には、すべてそれぞれの色や質感が描写されていて、描くとなると疎かにできないのですが、

特にこの「ガラス」と「裏」は重要視しました。

「あんまり山が物凄いので」の山というのが、そもそも人間のナワバリの外、人知の及ばない秩序の場、異界という舞台なのですが、

そこから更に山猫の支配する領域、いわば山猫の口の中へと入っていく境界の扉です。

表と裏、外と内、此岸と彼岸、現世と幽世、顕なるものと密なるもの、

隣接する世界と世界の境界というのは、古今東西の物語、童話やアニメなどで視覚的な表現にする時、まず洞穴やトンネル、あるいは水に関わるもので描かれます。

水辺、川、橋、霧、靄、雨、イメージは水鏡へ派生して鏡や氷、

そしてガラス。ひんやりとして透き通って、鏡像を、姿を写すもの。

暗くて狭いところをくぐり抜けたり、水に満ちた道を歩いたり、川を渡ったり、霧のなかを進んだり、そういう描写を入れることでなぜか違う世界へ行っている説得力になる。

鏡写しのようなもうひとつの世界へ渡ったことになる。

 

それは誰しもが、羊水に満ちた胎内世界から、産道を潜って生まれてきた原体験があるために無意識で感じる納得であり、

三途の川とか、根の堅洲国とか、死後や異世界への道が水や地下へのトンネル的なイメージは普遍的なものです。

水と母性、女性性は象徴的にとても近いところにあります。

 

山猫軒の甘言に騙されながらではありますが、服や銃など身に着けたものを順に取り払って進んでいく紳士たちは、西洋の服に象徴される近代科学的なものの考え方や、銃に象徴される暴力性や征服欲、財布に象徴される経済観念や拝金主義、ネクタイや眼鏡はビジネスだとか知識だとか、生きていく過程で取り込んできた虚飾や思考パターンを取り外して、忘れて、だんだん生まれたままの姿に戻っているとも言える。くしゃくしゃに泣いて泣いて、ミルクの匂いがして濡れているという紳士たちはまるで赤ん坊にかえったような絵面でもある。

それは何も持っていけない死出の旅への備えでもあり、黄泉の女神、山の女神、大地母神の懐への回帰であると解釈もできるわけです。

 

そんなわけで、紳士たちがくぐる内なる世界へのゲート「硝子戸の裏側」という表現は考えるほどに面白く奥深く、大量のボツ案が出ました。もっとしっくりくる表現があったような気もしていて、今後の課題です。

 

紳士たちが進む廊下は、山猫の食道でもあり、太母の胎内への管でもあるので、廊下の色はレッドカーペットというにはちょっとくすんでいて、内臓感のあるピンクになっています。

装飾のあちこちに猫の意匠があり、また徐々に背景の色が暗く不穏になっていく仕掛けです。

 

イラストレーターという描画ソフトでやり易い表現として、

真横を向いた紙人形のような紳士たちをデザインしましたが、帽子や服などパーツの取り外しも楽でありつつ、

最後は顔が「紙くずのように」くしゃくしゃになってしまう紳士達にあつらえ向きだったと思います。

また、横顔だけにしたことで紳士達は目がひとつ、二人並んで目がふたつの一組になります。

紳士達は常に同調していて、対立が起きない関係性。二人で一人のような存在なので、そこもうまく符合したと思います。

手下の猫も同様に横顔で一匹に目がひとつ、二人で一揃いです。

山猫の親方だけが正面向きで描かれる存在になっています。

 

「青い瀬戸の塩壺」ここでなぜ紳士たちが騙されていることに気がつくのか、これは描いてみて初めて気がつきましたが、塩というのはお清めや破魔のアイテムでもあります。

盛り塩や、お葬式帰りの人の肩に塩をかけるとか、嫌な客が帰ったら塩を撒いて清めるという風習があります。

塩が登場したことによって、山猫の魔力が削がれ、紳士たちが正気を取り戻したのではないでしょうか。

瀬戸もののすがすがしい白と青を強調し、文様は雪輪に唐獅子と猫を描きました。

白熊のような猟犬が山猫を祓うというオチの伏線になっています。

 

「ふたりは泣き出しました。」背景が口の中になっているのは渾身のネタ。ちなみに猫にはのどちんこというものはありません。

 

「戸の中」山猫の親方の手が透けています。

これもなんというか、山猫の親方は、年経た猫の変じた物ノ怪とかではなく、なにか、人の心にある魔とか、実態の掴めない、得体の知れないものである感じにしたかったものです。

 

「菜っ葉、塩、真っ白な皿」これが意外な発想の転換があるところ。

普通に読むなら、紳士たちは騙されて装備を外し、最後の扉を開ければ山猫に食べられてバッドエンドですが、

裏の意味を読むなら、紳士たちは身に着けてきた虚飾のすべてを取り払い、生まれ変わる寸前まで来ている。

最も恐ろしい試練の先に、闇の先に光明が、死中に活の道がある。

大地母神の支配する黄泉の底。深層心理、集合的無意識、阿頼耶識よりも深く。

すべてを突き抜けると、空(くう)が、0が、無限が、名も無くわざもない、終わりも始まりもない、普く混元の混沌がある。

しんしんと眼が痛むほど深く暗く、だというのに白くぼんやりけむってもいるような、そういう感覚のするところから、また始める。

銀河鉄道の石炭袋、そらの孔へ、暗黒星雲へ飛び込んで、そして草原で目を覚ますような、

エンデの果てしない物語の「何も無い」に飲み込まれてしまった世界で、たった一粒の砂からすべてを再創造するような、

地の深奥が空の天辺に、裏が表に、死が生に、闇が光に反転する、そういう展開への道筋が、実はあったはずです。

 

真っ白な皿、絵にすると、白くて丸い輪、〇、0、穴、孔、それは次の世界へのトンネルってことだ!という図像に解釈できたのが、この絵本を製作するなかでのクライマックスでした。

穴を囲む茂み、菜っ葉というのは緑色で、緑は銀河鉄道の切符の色でもある。どこまでも行ける色です。なので、種や若い芽を描いて、よく見るとなんとなく希望がありそうな感じにしておきました。

孔の周りに茂み的なものがあるのもよく描かれる女陰の暗喩です。

参道に木立のトンネルを配置して、そこで心を整えつつ神域に至る、というのも神社仏閣などでよく見られる設計思想で、そういう演出が知らず知らずに参拝者の心理を聖性へ導いていると思います。塩は散らして、道を清めた感じにしました。

紳士たちがもし、勇気をもって自らの意志で戸を開けたなら、

心の闇、抑圧されたもの、見たくない恐ろしいものを看破し、受け入れることができたなら、そのときこそ、宮沢賢治の言うほんとうのさいわいがあったように思えます。

 

「白熊のような犬」瀬戸ものの青と、白熊犬の白で最後を決めたかったので、対比で戸の中の猫たちは赤と黒になっています。

赤と青、白と黒、陽と陰、光と闇、犬と猫、男性性と女性性。そういう対比で物語の構造が支えられています。

犬張り子は子供のお守り、シーサーは魔除け、狛犬は神社の神使、そういう神威ある雰囲気を盛り込みつつ描けたらなと思いました。

泡を吐いて死んだかと思われた犬が、復活し、更には山猫を祓うほどの力を持っていたのはなぜか。

山猫が人を騙す悪や魔ならば、白犬は人の心の善や聖の象徴です。

それは心の働きの両極ですが、紳士たちが間違った思い込みを

たくさん抱え込んでいたので、真実を直観する目は曇り力は鈍り、

その意味で白犬は弱って倒れてしまったのかもしれません。

身に着けたものを脱ぐように、思い込みを手放したのなら、直観やインスピレーション、真実を見る力もまた戻ってくる。

紳士たちが廊下を進み、虚飾を脱ぎ捨てるにつれて、白犬たちも徐々に目を覚まし力を取り戻していったものと思われます。

 

また、「風がどうっと室の中へ」など風の描写を捨象してしまっているのですが、

この犬が、物語の冒頭へすべてを押し返す勢いで吠えているような、そういう構図にしたことで、多少フォローできた気もします

 

「風がどうと吹いてきて、草はざわざわ、木の葉はかさかさ、木はごとんごとんと鳴りました」

このくだりは物語の最初と最後をつなぐ同じ詩なので、最初の絵と最後の絵も木立のトンネルは同じパーツの並びになっています。

 

オマケの猫達ですが、

猫が好きだから注文の多い料理店という作品をチョイスしたはずが、描けども描けども出てくるのは小太りのおっさんばかりでぜんぜん猫が描けない話であることに気がつき、描き足すことにしました。

このお話を山猫目線で読むと、結局彼らは獲物に逃げられ何も食べられなかったわけですから、気の毒なことです。

紳士たちから、尖って危ない金物の類を取り除いたところまでで、ぱくっといけば良いものを、味付けまで欲張るから元も子もなくなってしまうのは、猫らしい悪い癖とも言えます。うちの猫も捕まえた獲物にトドメをささず弄ろうとして、逃げられてしまうことがあります。

それでクリームと香水のくだりの絵はどちらも猫の目になっています。獲物は手中だと油断して、化けの皮が剥がれてきている。

 

会話からして子分の猫が二匹いるようだったので、兄貴分と弟分にしました。キャラ付けは、兄貴分が痩せ型でクール、弟分が太めでのんびり屋、というような昭和的悪役のお約束に則っています。

 

人間の街に出張展開した親方の絵は、釈迦涅槃図のブラックなパロディを意識しました。魅力的なキャッチコピー、流行や教祖のようなカリスマでヒト、モノ、カネを集めているところに、いつでも人喰いの怪物は潜んでいます、

みなさんもフランチャイズ山猫軒に騙されないよう、うまい話にはゆめゆめお気を付けください。

 

この本は、この後オリジナルの絵本を描くために、

色んな事を試してみる意味合いでつくりました。

もし出版関係者のお目に留まりましたら、どうぞお声かけください。

 

             令和二年四月吉日    矢山昭子

                                     

 

参考文献 宮崎駿 全作品

     清水正 宮沢賢治論全集 

ミヒャエル・エンデ 果てしない物語

ジョーゼフ・キャンベル 神話の力

ものがたりを解釈する https://inspiration.hateblo.jp/

 

かぎ猫ブログ リンクフリー
かぎ猫ブログ リンクフリー
kagineko.com リンクフリー
kagineko.com リンクフリー

 

矢山昭子公式HP    

かぎ猫画廊

kagineko.com

 

Please refrain from the reprint.

転載・引用は出典を明記してください。

 

 

 

 

 

 

かぎ猫ギャラリー

陶彩・水彩画

HATCAT

プロフィール

陶彩画とは?

個展情報

メディア紹介

リンク

 

 

かぎ猫ブログ